LNGとは

天然ガスはCO2の排出が石炭や石油に比べて少なく、環境にやさしいエネルギー原料です。また天然ガスは世界各地で生産されており安定した調達が可能です。日本には原産地で天然ガスを液化してコンパクトな液化天然ガス(LNG)の状態にして輸入されます。 石油は日本への輸入の大部分を中東に依存しているのに対して、天然ガスの生産地は東南アジア、オーストラリア、ロシアにとどまらず、米国のシェールガスやカタールなど地理的に広く分布しています。また今後も生産量が増大していくことが予想され、安定的な調達が可能だと考えられています。 JBG Powerは日本各地に分散する系統の空き容量を有効に利用するために、20MWから100MWまでの中小規模のLNG発電所を日本国中に分散させて配置することを計画しています。

プロセスと運用

JBG Powerは業界をリードするプロセスプロバイダー、EPCエンジニアリング会社、LNG専門家らからなるLNGのグローバルネットワークと協業しています。また、最先端の制御システム、安全警報システム、専門的なオペレーション管理、24時間365日スタッフ常駐の管理センターなどによって安全衛生面を保証し、機器の損壊も防ぎます。